協会の活動

2017年新年会

大阪市立科学館に「ミュオグラフィー」が常設展示されたことを記念しての行事と合わせて開催。新年会には40数名が参加。ご着任間もないパラノビチ・ノルバート大使もご出席いただき近年にない盛り上がり。
今年の新年会は、『日本・ハンガリーミュオグラフィー国際ワークショップ』(東京大学地震研究所・田中宏幸教授・デジェ・ヴァルガ、ハンガリー科学アカデミーウィグナー物理研究センター科学アドバイザー)の行事と兼ねて、1月16日(月)に開催しました。3部構成の盛りだくさんのイヴェントで、会場を移動するという初の試み。
新年会に先立ち科学館で「ミュオグラフィー」の装置を見学し、常設になったことの記者発表に立ち会ったあとフェスティバルホール12階のレストランでのミニ学術講演会に参加。
新年会では冒頭に新大使歓迎の意が司会者から述べられ、合わせて本会理事の大川哲次弁護士が藍綬褒章を叙勲されたとのおめでたい報告もありました。中馬弘毅顧問の挨拶に続いて栗田裕功名誉総領事による乾杯のご発声。ブッフェスタイルの食事、懇親会がスタート。今回は本当に久しぶりの会員の方や新しく会員になられた方など40数名参加。皆さんはパラノビチ大使や田中教授を囲んだり、会が誇る女性陣のパワーに圧倒されたりしながら話が大いにはずみ、時間の経過を忘れる楽しい懇親会になりました。向山会長の「新年会に大使をお招きできたことは何より」との最後の挨拶でお開きに。
大使は予定もあって早めのお見送りとなりましたが、その挨拶の中で『関西が気に入った。また是非来たい』という嬉しいお言葉。そんなこんなの幸先がよい新年会でした。
新年会の詳細は4月発行の会報誌に掲載予定。

古民家カフェ「まるこ」でハンガリーのPR

11月10日(木)~12日(土)、河南町の古民家カフェ「まるこ」で2回目の関西ハンガリー交流協会を紹介するイベントを開きました。事務局がここにあります!というコンセプトから地元の唯一の古民家カフェで、ブースを作り3日間の限定でしたが、今回もパンフレットなど配布。ハンガリー紹介の写真集なども展示しました。なかでもやはりハンガリー刺繍の写真は、みなさんの目にとまりました。

ハンガリーの思い出:手芸会

10月21日に第2回「ハンガリーの思い出:手芸会」を開催しました。
場所は昨年同様天王寺 茶臼山画廊で。
ハンガリー刺繍のデザインを利用して、刺し子に変身。キッチンで気軽に使っていただけるような、お布巾に仕上げました。今回は、向山会長が保存されている子供のハンガリー民族衣装などを持ってきてくださり、話をしていただきました。その手仕事の素晴らしさについての話に花が咲きました。その後、皆さんは黙々と、刺し子を楽しまれていました。

平成28年度総会

6月5日、阪大中之島センターで平成28年度総会を開催しました。中島事務局長の司会で始まり、あいさつに立った向山会長は、セルダヘイ大使が任期満了になり7月14日でご帰国になることをはじめとしたお話をいくつか紹介。中馬顧問は、難民問題で大変な時だがハンガリーには次の時代のリーダーシップが期待されているとご挨拶。栗田名誉総領事は、先般行われたハンガリー投資セミナーに触れ、関西からはメーカー企業よりもサービス・ソフト・観光などの事業の投資が推進されるべきではないかとお話。
続いて議事に移り、平成27年度の事業実施報告、同収支報告、平成28年度の事業実施計画、同予算が審議されいずれも満場一致で採択されました。
昼食、記念撮影の後、
栗田名誉総領事、向山会長による「それぞれのハンガリー」と題した講演がありました。いずれもご自身が撮影された美しい風景(見事なショットもありました)を背景にハンガリー各地でのご体験が楽しく紹介されました。
最後はコーヒータイム。今回は会員以外の方もたくさんご参加になり、カップを片手にまた新しいお近づきが生まれました。
詳しい内容は会報誌秋号に掲載予定。 

在大阪ハンガリー国名誉総領事館開館式

平成27年1月15日(金)11時より、在大阪ハンガリー国名誉総領事館の開館式がセルダヘイ・イシュトバーン大使をお迎えして行われた。場所は北区曽根崎新地にあるMF桜橋ビル11階B号室である。清潔感溢れるきれいな一室である。
まず、参加者の紹介から始まり、引き続き、名誉総領事栗田氏、セルダヘイ大使と向山関西ハンガリー交流協会会長の3人でテープカットが行われて、無事目出度く開館式典が終了した。
その後、場所をリッツカールトンに移して開館をお祝いする宴が催された。セルダヘイン大使から、祝辞に続き、関西ハンガリー交流協会の向山毅会長が祝辞を述べられた。新しく名誉賞領事に就任されたダイヤモンド電機株式会社代表取締役社長の栗田裕功氏よりお礼の言葉を述べられた。
セルダヘイ大使と栗田名誉総領事が中心となって、関西とハンガリーとの関係や経済事情、音楽、芸術、政治の話も入って、最後はやはり料理の話に花が咲いて、和気藹々と楽しい宴も終了した。今回、新しく就任の栗田裕功名誉総領事は、非常に積極的にハンガリー国との交流に意欲を持たれていて、大使も今後、ハンガリーとの友好関係がさらに進展するべくお互いが協力し合って、盛り上げていきましょうということでお開きとなった。
関西ハンガリー交流協会からは、向山毅会長、早稲田みか理事、中島裕司事務局長、中島美保事務局次長が参加しました。

新年会開催のお知らせ

日時:H28年2月7日(日)12時~15時
場所:阪大中之島センター9階交流サロン
会費:9000円
今年の新年会は、昨年末にダイヤモンド電機(株)栗田裕功社長がハンガリー国の在大阪名誉総領事にご就任になったことと、当協会向山毅会長がハンガリー国十字勲章を受章したことの二つを合わせてお祝いする会になります。
会員以外の方も大歓迎ですので皆さんふるってお越しください。
ご参加いただける方は、お料理の準備の都合がありますので1月29日までに事務局までお申し出下さい。

向山会長がハンガリー国国家十字勲章を受章、ダイヤモンド電機(株)栗田裕功社長が在大阪名誉総領事に

このたび向山会長は長年の学究活動とその成果並びにハンガリー文化の普及活動を讃えられてハンガリー国家十字勲章を受章されました。
また、ダイヤモンド電機(株)社長の栗田裕功様が新たに在大阪名誉総領事に就任されました。
11月25日「関西ハンガリーの夕べ」と銘打って、ハンガリー大使館で授与式と就任式が友好的な雰囲気の中にも厳粛に執り行われました。
まず、セルダヘイ大使が、関西はハンガリーにとって経済的にも文化的にもまた教育的にもさらに言えば個人的にも大切なところであり、栗田裕功社長の名誉総領事就任式と向山毅先生の国家十字勲章授与式を行えることは大変喜ばしいことである、と歓迎のご挨拶。
来日中のサボー通商副大臣は歓迎のご挨拶のあとプロジェクターでハンガリーと日本との強い結びつきを具体的に解説。副大臣に随行してこられた投資促進公社総裁、貿易促進公社総裁からはそれぞれの事業の紹介がありました。
続いて名誉総領事ご就任の調印式。
栗田社長はご就任にあたっての宣誓を述べられ、認証書に調印して副大臣と交換、ハンガリー国の紋章のレプリカを授与されました。そして、お世話になったハンガリーにご恩返しのつもりでこの大変名誉ある任に当たりたい、とご挨拶。
そして向山会長への国家十字勲章授与式。
大使は、向山会長が原子物理学の分野でのハンガリー国との共同研究者として、また関西におけるハンガリー国の文化交流活動の推進者として多大な功績があった、とご紹介。副大臣から十字勲章と証書が手渡されました。
向山会長はお礼のご挨拶で、ハンガリーは1976年に恩師のご推薦で原子物理研究の最先端である同国で学究生活を始めてからのお付き合いで第2の故郷以上の存在になっていて、そのような中でかくも名誉ある勲章をいただけることはこの上ない喜びである、と述べられました。続けて、実は今日11月25日は別の意味で記念すべき日。まず、アインシュタインが一般相対性理論をドイツで発表したのは1915年の11月25日。またハンガリーのサッカーチームがそれまで90年間ホームで無敗であったイングランドを相手にウェンブレー球技場で歴史的勝利をおさめたのは1953年の今日である、とユーモアを交えてご紹介。
続いて立食パーティーへと移り、副大臣、大使を中心に参加メンバー60人ほどがそれぞれ紹介しあったり、そこここで談笑の輪を作ったりと楽しいひと時を過ごしました。メニューはハンガリー料理のオンパレード。ハンガリーのおいしさを十分に堪能しました。
会長の受勲は大変名誉なことであるとともに会としてもこの上なく誇らしいことです。さらに在大阪名誉総領事に栗田社長がご就任されたことは大変心強く、ともども「関西のハンガリー」活動をより盛り上げていきたいと思う次第です。

「ハンガリーのデザイン展」(ジョルナイ展)が6月6日に終了

京都工芸繊維大学で開催されていた「ハンガリーのデザイン展」は6月6日に無事終了しました。3月16日のオープニングセレモニーにはセルダヘイ大使も駆けつけられ、古山同大学長とともにテープカット。期間中、当協会会員をはじめ多くの人が会場に足を運び、独特の色彩や輝きの世界に浸りました。また、同時開催のポスター展からもハンガリー人気質がうかがわれ、合わせてハンガリー文化の粋を堪能しました。この展示会は6月4日の神戸新聞にも取り上げられました。

6月12日(金)セルダヘイ大使講演会

~兵庫県国際交流協会で~
兵庫EU協会と当協会主催によるセルダヘイ大使の講演会(「EUにおけるハンガリーの役割」)がありました。会場にはEU協会の方々や当協会会員など約100名が詰めかけ、大使の流ちょうな日本語による講演を拝聴しました。内容はEUにおけるハンガリーの立ち位置やこれからの役割、日本との関係などで、スクリーンを使っての大変わかりやすいお話。「元気なハンガリー」が印象的でした。約1時間に及ぶご講演の後、会場からは気候変動やスポーツ、鉄道インフラなど幅広い質問が飛び出し、大使は一つ一つ丁寧に解説を加えておられました。講演会の模様は会報誌の秋号に詳しく掲載する予定です。(写真提供:兵庫EU協会)

平成27年度総会開催

H27.5.22(金)
阪大中之島センターで
同総会には12名が参加。
平成26年度の事業事業と収支報告、平成27年度の計画事業と予算が審議され全会一致で承認されました。また、新しい役員体制も承認され、事務局長に中島裕司氏が、事務局次長に中島美保氏が就任しました。 前事務局長の武田暢樹氏に対しては、長年の功をたたえてセルダヘイ大使から感謝状が贈られてきました。協会からも感謝状と金一封をお届けしました。

新年会・新生会開催

~ヒダシ・ユディットさん歓迎会を兼ねて~
H27.3.1   阪大中之島センターで
あいにくの雨の中、遅まきながらの平成27年度新年会を中之島の阪大センターで開催しました。これまで、何かにつけ大阪ユネスコ協会との合同行事を行ってきましたが、事務局の移転・事務局スタッフの一新を機にした当協会単独での新年会です。そこで新生会とも銘打ちました。
また、ヒダシ・ユディットさんが京都の学会にご出席のため来日されたので、関空ご到着のその足でお越し願い、歓迎会を合わせて開催することができました。